脱毛の施術を受ければ、ムダ毛に関する悩みがなくなり、ツルツルのきれいなお肌を手に入れることができます。女性にとっては憧れの施術ですが、トラブルがまったくないというわけではないので、注意が必要です。まず、脱毛というのは受ければいいという考え方を改めましょう。

施術前の自己処理は毛抜きやカミソリは厳禁

施術はしてもらわなければいけませんが、事前に自分でできる注意点を守る必要があるからです。まず、脱毛前には、自己処理をして、施術に適した毛の長さにしなければいけません。

施術の1~2日前に剃ることで、ちょうど良い長さになりますが、この時にはカミソリではなく電動のシェーバーを使うとお肌を傷つける心配がなくなります。毛抜きなどで抜いてしまうと、毛の生え変わりのリズムが崩れてしまうので、絶対にやめましょう。

ヤケドの原因になる日焼けにも注意しましょう

日焼けにも注意が必要です。脱毛では、黒い色に反応する光を照射することで、施術を行いますが、皮膚が黒くなってしまうと、毛との区別がつかないため、ヤケドなどのトラブルにつながってしまいます。施術中も、痛みなどを強く感じたら、スタッフに正直に伝えましょう。

痛い方が効果があるのではないかと考えて我慢してしまうと、肌荒れなどのトラブルを引き起こします。

施術後に毛が硬くなってしまった場合でも繰り返すことで改善します

脱毛で多く起こるトラブルは、赤みや痛みなど皮膚に関するものが多いですが、稀に毛が硬くなってしまうという状態も引き起こされます。

施術の刺激によって起こると考えられていますが、脱毛を繰り返すことで状態はよくなることがほとんどです。

背中ニキビには脱毛で対処

背中にニキビができて悩んでいる人は、ムダ毛処理の方法に問題があるかもしれません。ニキビの原因は毛穴詰まりであり、背中は摩擦などの刺激も受けやすいので比較的起こりやすい部分だといわれています。

毛穴詰まりを解消するためにしっかりと洗っているつもりでも、奥深くに入り込んだ汚れまではなかなか落とすことができませんし、ムダ毛が生えたままでは本格的に綺麗にすることは難しいようです。

刺激を受けやすい背中はトラブルが起きやすい

自分で脱毛をする場合、再生するような方法で何度も処理を行うのが一般的ですが、そうすると肌が繰り返しダメージを負って皮膚が硬くなっていきます。

皮膚が硬くなると細胞の働きが鈍って古い角質がいつまでも留まるようになりますのでトラブルの直接的な原因になりますし、硬くなった毛穴には皮脂や汚れが詰まりやすくなりますので、ニキビのリスクは大きくなります。

刺激を受けやすい背中は、やはり自己処理では対応が難しいと考えざるを得ません。

毛穴の中を衛生的に保つにはサロンで施術を受けるのがベスト

肌に刺激を与えずに毛穴の中を衛生的に保つには、本格的な施術を受けて再生をストップしてしまうのが一番です。

クリニックで行われているレーザー脱毛を受けるのも良いですし、エステサロンで光脱毛を受けるのも有効です。光脱毛はムダ毛の色素が薄くて産毛のような状態の時には十分な反応が得られないとされていますが、最近では新しい機械がどんどん登場していて問題なく照射できるようになっています。

回数は多めにかかる可能性がありますが、処理は行えます。

背中ニキビも改善できる熊本の脱毛サロンをチェックする